糖尿病の原因と肝機能の異常

糖尿病、すなわち耐糖能に異常のある方は、
インスリンの分泌不全、インスリンの量の不足、
もしくは、インスリンの作用不全が一般的です。


糖尿病患者さんの一番多いタイプである、
インスリンの分泌の悪い糖尿病患者さんの場合、

例えば朝食で800カロリーの物を15分程度で食べたら
瞬く間に血糖値が上がってしまいます。


しかし、インスリンは分泌されないのです。


要するに、インスリンの分泌が始まる前に
必要以上にに高血糖状態が続くということになります。


このような方は、
必要最低限のカロリー摂取にとどめておけば、
血糖の上昇も少なく済み、

分泌の遅れたインスリンの作用によって
早めに血糖値を下げることが可能となります。


糖尿病の改善にとって大切なことは、
正しい食事療法を知り、
正しい食生活習慣を身に付けることによって、

インスリンの分泌不全が
少しずつ改善されると言うことなのです。


逆に超尿病の食事療法を実践しないままでいると
インスリン分泌不全は更に悪化し、

一般で言われている
「糖尿病の程度の悪化」
と言う状態になってしまうのです。


糖尿病をしっかりと理解し、
健康的な食事を続けることが
悪化を防ぎ、更には改善へと向かうのです。

スポンサード リンク

糖尿病について
糖尿病について
糖尿病と遺伝
糖尿病の原因と症状
糖尿病の原因と肝機能の異常
糖尿病の症状
糖尿病の合併症
糖尿病と食事
糖尿病の食事制限
糖尿病と運動

スポンサード リンク