糖尿病と遺伝

糖尿病には様々な原因が言われています。


日本人糖尿病患者の殆どが
2型糖尿病と言われています。

旧分類では
「インスリン非依存性糖尿病(NIDDM)」
と呼びます。


2型と呼ばれるだけあって、
勿論1型もあります。


1型糖尿病を旧分類では
「インスリン依存性糖尿病(IDDM)」
と言います。


この1型は、小児に発症することが多いため、
小児の糖尿病と呼ばれることもあります。


遺伝が関与していると言われているのは、
2型のインスリン非依存性糖尿病です。


糖尿病に遺伝が関係しているということは、
定期的に運動もして、食事も気をつけているにもかかわらず、
糖尿病になってしまう人がいたり、

逆に甘い物ばかり食べたり不摂生をしていても
糖尿病にならない人がいるのは、これが原因です。


勿論、個人差がありますし、
糖尿病の疑いと言われながら、

何の変化もない人もいれば、
一気に重度の糖尿病になる人もいます。


糖尿病の原因を突き詰めると、
戦後、日本が高度成長によって食生活も豊かになり、

運動不足となったことが
糖尿病人口の増加原因でもあります。


これは遺伝素因のある人が増えたワケではなく、
生活習慣の変化により発症因子が増えたのです。


現在、発展途上国においても
同じような例が起こっており、

糖尿病の患者数の割合が
徐々に増加しています。


発展途上国の人が先進国に移住し、
糖尿病と診断され、先進国での生活では
糖尿病が改善されなかったのに、

母国に帰って以前の生活に戻ったら
糖尿病が改善された・・・と言う検証報告もあり、
コレは糖尿病が生活習慣病である表れともいえますね。

スポンサード リンク

糖尿病について
糖尿病について
糖尿病と遺伝
糖尿病の原因と症状
糖尿病の原因と肝機能の異常
糖尿病の症状
糖尿病の合併症
糖尿病と食事
糖尿病の食事制限
糖尿病と運動

スポンサード リンク