糖尿病の種類

糖尿病の種類についての解説です。


まずは糖尿病を
知る事から始めましょう。



1型糖尿病

膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、
体内のインスリンの量が絶対的に不足して起こる糖尿病です。
この1型は、子供のうちに発症することが多く、
小児糖尿病や、インスリン依存型糖尿病と呼ばれています。


2型糖尿病

インスリンの出る量が少なくなって起こる場合と、
インスリンの働きが悪いために、
肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用を感じなくなり、
ブドウ糖をうまく取り入れられなくなり起こる症状です。

この2型は、
食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、
日本での糖尿病患者の95%以上を占めています。


糖尿病には、遺伝子の異常の場合や、
肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常など、

他の病気が原因となり、
糖尿病が引き起こされるものがあります。


又、投与された薬剤が原因となる場合も考えられます。


妊娠糖尿病と呼ばれ
妊娠中に発見される糖尿病もあり、

この場合は、新生児に合併症が
発症することもあります。

スポンサード リンク

糖尿病について
糖尿病について
糖尿病と遺伝
糖尿病の原因と症状
糖尿病の原因と肝機能の異常
糖尿病の症状
糖尿病の合併症
糖尿病と食事
糖尿病の食事制限
糖尿病と運動

スポンサード リンク